Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sankakumimi.blog.fc2.com/tb.php/8-88d62c58

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雛人形の並べ方 男女の並びと左右の関係

昨日3月3日は雛まつり
そこでコーギー犬、ふと男雛、女雛の左右の並べ方について疑問がわきました

確か、左大臣は右大臣より位が上と昔歴史の授業で習った覚えあり。
つまり日本文化では左が上位だから、男雛が左側(つまり飾ったときには向かって右側)に来るはず。
と、思って3月3日のニュースを見ていたら、なんと男雛が向かって左に飾ってある!
コーギー犬の予想と逆。これはどうしたことか!?
犬の浅い見識で間違った解釈をしたのかなと、疑問がわいてきたのです。

そこで、さっそく調査開始。今はこんな疑問もインターネットで即座に学習可能。便利な時代ですね。
で、あっさり解決しました。

やはり、日本文化では左が上位。これは間違ってなかった(コーギー犬ホット一息。)
だから、昔(昭和初期以前まで)は男雛は向かって右、女雛は向かって左だったそうです。
この昔ながらの並べ方は今では「古式」と呼ばれ、京都など関西の一部では今も守られているとのこと。

では、いつ、どうして逆に変わったのか?
時期は昭和初期頃かららしい。
理由は、なんとなんと国際標準に合わせたため!。日本の伝統行事に、西洋文化の標準を取り入れて改めたのですね。びっくり。
さすがは、外来のものを取り込んでアレンジする能力の高い日本人のやることです!。

なんでも、国際的(西洋文化的)に男女の並び方は、男性は右、女性は左とするのがスタンダード。たしかしに結婚式の新郎新婦も並び方もこの通り。皇室では大正天皇の即位式から、この並び方に変更。昭和天皇の即位式でもこの並び方が継承されました。
これをみた関東の雛人形業界が、雛人形の並びも、逆転させたとのこと。以来、男雛は向かって左、女雛は向かって右の「新式」の並べ方が一般的になったとの顛末。

ニュースで予想と違う配置の雛人形を見たのが御縁で、思わぬ面白い勉強ができました

参考資料:
雛人形の雑学
天鳳堂資料室
雛人形の並べ方
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sankakumimi.blog.fc2.com/tb.php/8-88d62c58

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。